個人債務者再生手続きの3つの特則

この手続きは、次の3つの特則から成り立っています。
‐規模個人再生手続き
給与所得者等再生手続き
住宅資金賞付債権(住宅ローン)に関する特則
,蓮◆峽兮嚇または反復して収入を得る見込みがあり」かっ「債務の総額が3000万円を超えない」個人が対象です。
△蓮◆峙詬燭泙燭呂海譴卜爐垢訥蟯的な収入を得る見込みのある者」で、かつ「その収入の額の変動幅が小さいと見込まれる」個人を対象としています。なお、△砲弔い討癲嶌通海料躋曚3000万円を超えないこと」が要件とされていますが、その「債務の総額」には、住宅ローン債権額や、抵当権などの別除権の行使によって弁済が見込まれる額(抵当権の行使、つまり競売により配当が見込まれる額です)、それに罰金などの額は含まれ芯いととにご注意ください。
つまり、△乏催する人は、,砲盂催するということに芯ります。具体的には、△砲弔い討魯汽薀蝓璽泪鵑典型例でしょう。,蓮飲食屈芯どの個人事業主芯どが対象となるものと考えられます。
は、住宅ローンの支払いが滞っている債務者に、その住宅をできるだけ確保する道を残そうとするもので、´△里い垢譴と組み合わせて利用します。
簡単にいえば、住宅ローン全額を払うことを前提に、返済期間の延長、元金の一部据え置きなどを含めたりスケジュールを再生計画に盛り込むことによって、これまでの延滞の効果を消滅させ、それによって住宅ローン債権者による競売を防ぎます。

 

再生計画の認可には条件がある

個人債務者再生手続きでは、債務者が「再生計画」を作成し、その賛否を債権者に書面決議の方法で問うか、意見を聴取することになっています。
,亮蠡海の場合、反対する債権者が、頭数と債権額総額のいすれかについて2分のーを超えると不認可になります。そうでなければ原則として認可されますが、ほかに不認可事由がある場合には認可されません。
再生計画の内容は、簡単にいえば「将来の利患の免除を受け、これまでの債務について100パーセントの免除を受ける」というものです。返済期間は原則として3年間とされていますが、特別の事情がある場合には5年間まで延長されることもあります。
また、注意していただきたい点は、最低弁済額が定められており、これを下回る再生計画は不認可となることです。具体的には、住宅口iン債権額や抵当権などの別除権の行使によって弁済が見込まれる額などを除いた基準債権の総額の5分の1または100万円のいすれか多い額を下回っていてはいけません(ただし、基準債権の総額の5分の1が300万円を超える場合には、300万円が最低弁済額となります)。
△亮蠡海においては、「再生計画提出前の2年間の収入の合計か5所得税・住民税や社会保険料を引き、これを2で割った金額かう生活費老引き、これを2倍したものを3年で返済する」という再生計画、か原則となっており、債権者の同意も不要であるとされています。つまり、「可処分所得2年分を吐き出すのであれば、その余は免除する」ということなのですが、,砲ける最低弁済額については同様の制限が加えられています。