個人債務者再生手続きのメリットデメリット

個人債務者再生手続きのメリットは、次にあげるとおりです。
,垢戮討亮擽發魄豎腓靴峠萢できる
⊆擽發慮桔槁分についても力ツ卜が司能
申立てが裁判所に受理されたという受付票・受理証明書を債権者に送付することによって、取立行為を止めることができる
せ餝弊限がない
セ拱Гど塲修里それがあれば利用司能なので、早期の申立てができる
住宅ローンの特則を利用すれば、住宅を失わずにすむ

 

個人債務者再生手続きのデメリットは、次にあげるとおりです。
ー蠡海が複雑で難解
⇒用できる蓄に一定の制限がある(借金の総額が3000万円を超えている者など)
GР弔気譴榛得厳弉莪討匹りに払えなくなった場合、再生計画が取り消される可能性がある