特定調停手続きのメリット

こちらが、新しい調停手続きです。
これまで行なわれていた、いわゆる「サラ金調停(債務弁済調停手続き)」を改めて法文化したともいえるこの手続きは、多くの多重債務者の更生に役立っており、専門家の手を借りすに申し立てられているケースも非常に多い手続きです。

 

そのメリットは、次にあげるとおりです。
“駘僂低廉で、専門的知識がなくても気軽に利用できる
⊃塾てが裁判所に受理されたという受付票・受理証明書を債権者に送付することによって、取立行為を止めることができる
M息制限法への引き直しが容易になった
ぜ蠡海申の強制執行を止めることが容易になった
ズ銚⊆圓箸猟樟椶慮鮠弔歪環箘儖がやってくれる

 

申立てに関しては、各簡易裁判所に定型用紙が備え付け5れているので、簡単に申し立てることができます。また、申立て後は、裁判所から選任された調停委員(司法書士や弁護士など)が話し合いを進めてくれます。
また、調停委員による文書提出命令に従わない業者に対して、週料制裁の権限が新たに加わったととにより、業者に相当なプレッシャーがかかる乙ととなり、結果として、利息制限法への金利の引き直しが容易になっています。したがって、取引期聞が長期にわたるケースでは、元金の相当額の圧縮が期待できます。さらに、調停手続き中に強制執行手続きを申し立ててくる強硬な業者に対しては、その停止の手続きを無担保で行芯えるようになりました。
これまでは相当額の担保金を積まなければなら芯かったのですか、はるかに利用しやすくなったといえます。