サラ金業者から嫌がらせ

 自己破産を申し立てると相手方の業者か5嫌がらせを受けるのではないか、と心配される人がいます。結論か5申しますと、ある程度名の通った業者であれば、そのようなことが行芯われることは、まったくといってよいほどありません。
業者にとってみれば、これだけの破産事件、が申し立てられている昨今、ひとりひとりの破産者に余分な労力を使うのはムダなことなのです。それよりも、新た芯貸し付けを多く行なって利益をあげたほうが、よいに決まっています。
また、それ以上に、業者は貸金業規制法によって厳しく取り締まられています。嫌がらせ芯どのような違法行為をすると厳しい処置がなされ、場合によっては登録取消となって営業活動ができなくなることも考えられます。数年前に自業停止処分を受けた「日栄」の事件は記憶に新しいところではないでしょうか。