ブラックリスト

 自己破産の申立てなど法的債務整理手続きを取ったり、支払いの延滞が続くと、信用情報機関にいわゆるブラックとして登録され、5年から旧年の問、お金を借りることはできなくなります。この情報は、銀行、クレジット会社、サラ金業者といったすべての金融機関に共有されるので、いすれの金融機関か5も借入をすることはできなくなります。
ただ、乙れはあくまで原則にすぎません。業者によっては、自己破産をすれば他の業者からの講求が止み、返済にまわせるお金ができるということを逆手にとって、新たな貸付を行なう悪質なところもあるのです。
そのため、現実に2度目の破産申立てが少なくありません。しかし、2度目の免責を得ることは極めて困難です(前の免責決定から旧年経過していなければ免責不許可事由となります)。十分に注意してください。