自己破産手続きのデメリット

自己破産手続きのデメリットは、次にあげるとおりです。
 ―斬陲覆鼻△垢戮討虜盪困処分となるのが原則
   清算手続きであるという性格上、所有する財産の処分が前提と芯っていることがあげられます。めぼしい財産がないのであれば問題ありませんが、自己名義の土地・建物などがある場合には、これうは処分され、債権者への配当にあてられます。
 ∋餝弊限がされるものが少なくない
   被産者となることによって、法律上、資格制限、かされるものが少なくありません。たとえば、会社の役員や、司法書士、弁護士などにはなれないことになっています。ただし、この制限については、免責決定が確定し、復権を果たすことによってなく芯ります。この点について、誤解のないようにしてください。
  支払不能と判断される必要がある
   申立ての要件として「支払不能の状態である」ことがあげられます。つまり、この手続きを利用するには、ぎりぎりまでがんばったうえでなければ申し立てることができません。一方、次に述べる「個人債務者再生手続き」や「特定調停手続き」は、支払不能のおそれがある状態での申立てができますから、早い時期での再建が可能になるわけです。